ApexLegendsの推奨スペックとおすすめゲーミングPC

apexlegendsの推奨スペックとおすすめゲーミングPC

サービス開始直後から大人気の無料のバトロワFPS「Apex Legends」。僕もすぐにプレイして久しぶりにガッツリハマってしまいました。

というわけで今回は、Apex Legendsを遊ぶのに最適な「推奨スペック」を検証・紹介します。

Apex Legedsの推奨動作環境

  必要動作環境 推奨動作環境
CPU Intel Core i3-6300 3.8GHz Intel i5 3570Tおよび同等品
AMD FX-4350 4.2GHz
グラボ NVIDIA GeForce GT 640 / Radeon HD 7730 Nvidia GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290
AMD Radeon HD 7950 AMD Radeon R9 390 / AMD RX 580
VRAM 1GB 8GB
メモリ 6GB 8GB
ストレージ 22GB以上の空き容量
OS Windows 7 64ビット版 Windows 7 64ビット版
Apex Legends PC動作環境より

CPUの要求値は低めですが、グラボとメモリの要求値が高いですね…。

ビデオメモリ(VRAM)は8GB、メモリも8GBとなっています。やはりゲーミングPCには最低でも8GB、余裕を持って16GB搭載しておくのが良さそうです。

最近だと10GBを超えてくることもありますからね。

グラボに関しては、推奨動作環境でGTX 970が要求されます。これもかなり高め。ちなみに推奨動作環境のところにはこう書かれています。

「Apex Legends」は必要環境を満たしたPCで快適にプレイすることができますが、滑らかな60fpsのフレームレートで最高のプレイ体験を楽しむためには推奨動作環境を用意する必要があります。

Apex Legends 推奨動作環境

つまり、ゲーミングモニターを使ってさらに快適な、ヌルヌル動作をするのであれば、さらに高性能なグラボが必要になるということです。

では実際にどれぐらいのスペックを用意すれば良いのか?ということについて検証していきます。

Apex Legendsのグラボ別フレームレート

apexlegends グラボ別フレームレート

Apex Legends 高画質設定 平均fps

RTX 2080 Ti

130fps

GTX 1080 Ti

117fps

RTX 2080

116fps

GTX 1080

90fps

RTX 2070

91fps

GTX 1070 Ti

85fps

GTX 1070

74fps

RTX 2060 6GB

75fps

RTX 1060 6GB

54fps

GTX 1050 Ti

28fps

GameGPU「Apex Legends тест GPU/CPU

これはフルHDの最高画質でプレイしたときの平均fpsですが、かなり厳しい結果となっています。

RTX 2080 Tiをもってしても平均130fpsです。ゲーミングモニターを使う場合は、最高設定は諦め、少し画質を下げたほうが良いですね。

普通のモニターを使う場合はRTX 2060以上で快適という判断になります。

ちなみにフレームレートの目安はこんな感じです。

  • 144fps:ゲーミングモニターを最大まで活かせる
  • 80~100fps:ゲーミングモニターでヌルヌル動く
  • 60fps:普通のモニターで快適に遊べる
  • ここが限界
  • 50fps以下:カクカクしてまともにAIMできない…。キルはおろか、AIMを合わせることも無理。

今回僕も色々なグラボで検証しましたが、個人的には60fps付近でも少し厳しい状態でした。

Apex Legendsは動きが早いタイプのFPSなので、フレームレートはできるだけ稼いでおく必要があります。少しでもカクつくと照準を合わせることができず、キルを逃したり、逆に倒されてしまいます。

特にゲーミングモニターを使っているのであれば理想は144fpsなので、設定を色々変えて、144fpsを維持できるスペックを検証しました。

低画質だとどうなるのか?実際に計測

ApexLegendsの推奨グラボを実際に検証

ハイエンドグラボであれば快適に動作することはわかったので、こんどはミドル~ローエンドクラスのグラボで実際に戦闘し、fpsを計測しました。(参考程度にRTX 2080 Tiでも計測しました。)

最高画質は厳しいので、画質を下げて快適に遊べるラインはどこなのかを検証します。

Apex Legends トレーニングモード 平均fps

RTX 2080 Ti

高画質 247.9fps

中画質 282.8fps

低画質 295.9fps

GTX 1070 Ti

高画質 131.1fps

中画質 187.9fps

低画質 220.3fps

GTX 1060 6GB

高画質 85.3fps

中画質 123.6fps

低画質 145.6fps

GTX 1050 Ti

高画質 50.4fps

中画質 74.2fps

低画質 94.9fps

トレーニングモードだと実際よりも良いfps値が出るので、実際に遊ぶ場合はあまり参考になりません。グラボごとの優劣をつけるには最適ですが、実際に遊んでみるとカクカク…なんてこともあります。

なので今回はトレーニングモードだけでなく、実際に各設定でプレイし、平均fpsをまとめました。

Apex Legends 実戦 平均fps

RTX 2080 Ti

高画質 146.8fps

中画質 187.4fps

低画質 192.7fps

GTX 1070 Ti

高画質 85.26fps

中画質 149.3fps

低画質 157.8fps

GTX 1060 6GB

高画質 66.0fps

中画質 99.75fps

低画質 103.31fps

GTX 1050 Ti

高画質 36.09fps

中画質 64.0fps

低画質 90.1fps

Apex Legends バトロワ実践時

実際に戦闘するとこの通り。トレーニングモードとはまったく違ったデータになります。

もちろん降り立つ地点や戦闘の回数などによっても多少変動しますが、だいたいこれぐらいで推移すると思っていただければOKです。

トレーニングモードの場合、GTX 1060でもゲーミングモニターを活かせる判定になっていましたが、実戦だと最低設定でもやや厳しいです。(それでも普通のモニターよりはヌルヌル動かせます。)

Apex Legendsをゲーミングモニターで遊ぶのであれば、低~中画質ならRTX 2060中~高画質ならRTX 2070以上のグラボを搭載しておくのが良いです。

Apex Legends 実戦 最低fps

  低画質 中画質 高画質
RTX 2080 Ti 119.7fps 106.0fps 89.4fps
GTX 1070 Ti 96.2fps 101.4fps 52.5fps
GTX 1060 6GB 73.1fps 53.4fps 39.6fps
GTX 1050 Ti 44.6fps 33.1fps 14.5fps

平均fpsは安定していても、降り立つ地点や戦闘状況によってはガクっとfpsが落ちることもあります。

そこで、各設定で1戦ずつ計測し、その中で最もフレームレートが落ち込んだところをまとめました。

たとえばGTX 1070 Tiの場合、低画質では平均150fpsを超えており、ゲーミングモニターも活かせる判定になっていますが、戦闘する場所や状況によっては96fps付近まで落ち込んでいます。

RTX 2080 Tiでも一時的に100fpsを割ることを考えると、高画質で常に144fps以上…というのは少々厳しいです。

中画質~低画質で安定したゲームのプレイをするのであれば、GTX 1070 Ti以上、今ならRTX 2070がコスパ的にもおすすめです。

最低設定だと面白くないのか?画質比較

apexlegends-最低設定の画質apexlegendsの最高設定画質

画質の差をわかりやすくするために少しだけズームしています。

正直違いはさほど大きくなく、影の有無ぐらいですね。プレイしていて汚く感じることもほとんどないので、よほどのこだわりがない場合は低設定でOKだと思います。

むしろ、FPSなどの対戦系ゲームは少しのカクつきも発生させてはいけないので、どのグラボを使っても僕は低設定を推奨します。

筆者はRTX 2080 Tiを使っているけど、低設定でプレイしているよ。

Apex Legendsの推奨スペックまとめ

設定 グラボ
低画質で普通のモニター GTX 1060以上
高画質で普通のモニター RTX 2060以上
低画質でゲーミングモニター RTX 2060以上
高画質でゲーミングモニター RTX 2080以上

コスパを考えると、RTX 2060を搭載したゲーミングPCがおすすめです。RTX 2070も人気ですが、Apex Legendsに置いては少し中途半端な立ち位置のような感じです。

別のAAAタイトルのゲームも遊ぶのであれば、RTX 2070など、少し背伸びをした性能でも無駄にはならないでしょう。

Apex Legendsのメモリ使用量

apexlegendsのメモリ使用量

ApexLegends単体でのメモリ使用量は約3GBでした。

やはり8GBあれば足りますが、ブラウザを立ち上げてゲームをプレイしながら動画をみたりするのであれば、16GB積んでおくことをおすすめします。

Apex LegendsにおすすめのゲーミングPC

Apex Legendsをゲーミングモニターで遊ぶ

ガレリアZV
CPU Core i7-9700K
グラボ GeForce RTX 2060
ストレージ(容量) 500GB SSD
3TB HDD
メモリ 16GB

もっともおすすめなのはRTX 2060搭載のガレリアZVです。

144Hzのゲーミングモニターをしっかり活かしつつ価格も抑えられますし、普通のモニターであっても高画質で遊ぶことができます。

メモリも16GB搭載なので、特にカスタマイズは必要ありません。

無駄なカスタマイズを重ねると高額になってしまいがちなので、そのまま購入できるこのPCがおすすめです。

>>ガレリアZVの価格・詳細を見る

Apex Legendsを低画質で普通のモニターで遊ぶ

ガレリアDT
CPU Core i5-8500
グラボ GeForce GTX1060 6GB
ストレージ(容量) 240GB SSD
1TB HDD
メモリ 8GB

普通のモニターで低画質で遊べれば良いという場合は、価格を抑えたガレリアDTがおすすめです。

低画質ならゲーミングモニターもそこそこ活かせますが、多少fpsが落ち込むため、積極的にはおすすめできません。

普通のモニターを使ってApex Legendsが遊べれば良いという人におすすめの価格重視モデルです。

>>ガレリアDTの詳細・価格を見る

Apex Legendsを高画質でゲーミングモニターで遊ぶ

ガレリアZZ
CPU Core i9-9900K
グラボ GeForce RTX 2080 Ti
ストレージ(容量) NVMe 500GB SSD
3TB HDD
メモリ 16GB

高画質でゲーミングモニターを活かす、もしくは4Kなど高解像度のモニターでApex Legendsを遊びたいと思っているのであれば、現状最高レベルの性能を誇るこのPCを。

高画質でApex Legendsを遊ぶという目的だけではもったいないレベルの性能なので、他にもゲーム配信をしたり、AAAタイトルをガツガツ遊ぶ、4Kモニターなど高解像度で遊びたい人に最適です。

>>ガレリアZZの価格・詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。