コスパ最高のRTX 2070搭載!ドスパラ ガレリアXF レビュー【実際に使ったよ】

ガレリアXFの実機レビュー

最新のグラボ「RTX」シリーズの中で最もコスパが良いと言われている「RTX 2070」が搭載されたゲーミングPC「ガレリアXF」をレビューします。

ドスパラでは、すでに人気1位になっています。

RTX 2070はGTX 1080よりも優れていると言われていますが、その性能はホンモノなのかを実際にチェックしていきます。

ガレリアXFのスペック

ガレリアXFのスペック
  通常スペック カスタマイズしたところ
グラボ GeForce RTX 2070
CPU Intel Core i7-8700
CPUクーラー 静音パックまんぞくコース
メモリ 8GB
SSD 500GB
HDD 2TB
マザーボード インテル H370 チップセット ATXマザーボード
電源ユニット CORSAIR 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE / CX650M)
スペックはレビュー時のものです。変更されることもあるので、最新の情報は公式ページを見てください。

今回はカスタマイズなしです。人気1位の高コスパモデルということもあり、そのまま使った感じのレビューが良いかな?と思い、メモリ等は増やしませんでした。

ガレリアXFの価格・詳細を見る

ガレリアXFの付属品

ガレリアXFの付属品

付属品は他のモデルと変わらずで、マウス、キーボード、ドライバディスク、電源ケーブルです。

マウスとキーボードがついてくるのはドスパラの大きなメリットですね。他のBTOメーカーだと付属しないことのほうが多いです。

マウスの使用感は正直イマイチです。人によって求めるサイズ感が異なるため、手に馴染みやすいものを別途購入するのがおすすめです。

キーボードは満足できるレベルで、ゲーム用なら問題なくそのまま使えます。付属品とは思えないクオリティです。

ガレリアXFの外観

ガレリアXFのフロントパネル

  • USB3.0 x2
  • SDカードリーダー
  • MicroSDカードリーダー
  • ヘッドホン出力
  • マイク入力

PCケースは他のガレリアXシリーズと同じです。

前面はUSBがふたつとSDカードリーダー、ヘッドホンやマイクの入出力端子がついています。

ガレリアXFのバックパネル

  • USB2.0 x2
  • USB3.1
  • PS/2端子
  • マイク入力
  • ライン入力
  • ライン出力
  • LANポート

USB端子なども一通り揃っています。

前面にもUSBコネクタは用意されていますので、これだけあれば不足することはまずないと思います。

ガレリアXFの上部はメッシュ構造になっていて、ファンが一基取り付けられている

ケースの天板はメッシュ構造になっていて、ファンが一基取り付けられています。

RTX2070の接続端子

  • USB Type-C x1
  • HDMI x1
  • DisplayPort x3

ガレリアXFに搭載されているグラフィックボードはRTX 2070です。

RTX 2080などと同じくUSB-Cが用意されており、他にはHDMIが1つ、DisplayPortが3つとなっています。

ガレリアXFの内部パーツをチェック

CPUクーラーはDEEPCOOLのモノだった

CPUクーラーはDEEPCOOLの大きな空冷タイプです。静音パックというだけあって、気になる騒音などはありませんでした。

サイズも大きいのでしっかり冷やしてくれます。

マザーボードはPRIME H370-Aだった

マザーボードはASUSのPRIME H370-Aでした。

僕も同じタイプのマザーボードを使用しています。定番のマザーボードですね。

メモリは4GBが2枚

メモリは4GBx2となっています。スロットが2箇所空いているので増設可能です。

自分で8GBを追加して16GBにしても良いですし、16GBのメモリを追加して24GBにするのもアリです。

電源はCORSAIRのCX650Mが使われている

驚いたのが、デフォルトの電源がCORSAIR製だったことです。CX650Mは評判の良い電源なので、カスタマイズなしでこれが使われているのは嬉しいですね。

セミプラグイン式なので、使わないケーブルは外しておけるメリットもあります。ケース内をすっきりさせるならプラグイン式に限りますね。

SSDはcrucial製の500GB、HDDはSEAGATEの2TBHDD

SSDはcrucial製の500GB SSDでした。ド定番のSSDで、非常に人気です。僕もメインPCで使っています。安っぽい中華製SSDではないので安心ですね。

500GBあれば、最新のゲームを数本、少し古めのゲームを数十本入れても余裕があります。

HDDはSEAGATEの2TBです。

ゲームの録画データや音楽などを保存するとSSDはすぐに満タンになってしまうので、そういったデータ類はHDDに入れましょう。

3.5インチシャドウベイが3箇所空いている

HDDやSSDの増設は、3.5インチベイが3箇所空いています。ストレージ類を増設するときは、まずはここに追加していきます。

5インチベイは4箇所空いている

それでも足りないときは5インチベイも使えます。ここは4箇所空いています。

というわけで、拡張性もバッチリです。

ガレリアXFにはPalitのRTX 2070が搭載されていた

最も重要なグラフィックボードは、PalitのRTX 2070が搭載されています。ガレリアZGに搭載されていたRTX 2080と同じデザインです。

黒いケースに赤が映えてかっこいいです。

ガレリアXFをデスクに設置

ガレリアXFを机においたイメージ

実際にデスクに置くとこんな感じです。Xシリーズに使われているケースはちょうど良い大きさなので、デスクの上に置くのもアリかもしれないですね。

特にRTX 2070の赤が目立ってかっこいいので、サイドパネルをアクリルパネルにすれば、中身が見えてさらにGOODです。購入時のカスタマイズで交換できます。

今回はイメージということで、サイドパネルは外した状態にしてあります。

ガレリアXFの価格・詳細を見る

ガレリアXFの性能をベンチマークソフトでチェック

ここからは、ガレリアXFの性能をチェックしていきます。

とりあえずは他のモデルと比較しやすいベンチマークスコアをチェックします。性能が数値化されるので、PCごとの比較に便利です。

ドラゴンクエストX
ガレリアXFのドラゴンクエストXベンチマーク結果 最高品質
(1920×1080)
21215 すごく快適
FINAL FANTASY XV
ガレリアXFのff15ベンチマーク結果 高品質
(1920×1080)
8992 快適
FINAL FANTASY XIV:紅蓮のリベレーター
FF14ベンチマーク 最高品質
(1920×1080)
18738 非常に快適
PHANTASY STAR ONLINE 2
ガレリアXFのPSO2ベンチマーク結果 1920×1080 083958 快適に動作
Fire Strike
ガレリアXFのFireStrike測定結果 1920×1080 19106 上位6%の性能
Time Spy
ガレリアXFのTimeSpyの測定結果 1920×1080 8349 上位4%の性能
Cinebench
ガレリアXFのCinebench測定結果 マルチスレッド 1359cb
シングルコア 186cb

どの結果も良好です。この価格のPCで上位4~6%の性能というのは素晴らしいです。

コスパが良いのは間違いなさそうですが、実際にゲームを動かさないとなんとも言えません。

ここからは実際に色々なゲームを遊んで、本当に快適に動作するのかをチェックしていきます。

ガレリアXFのゲーム性能を実際にチェック

ガレリアXFで実際にゲームを遊ぶ

ガレリアXFに色々なゲームをインストールし、実際に遊んでフレームレートを計測しました。

フレームレートの目安

  • 144fps:ゲーミングモニターを最大まで活かせる
  • ~100fps:ゲーミングモニターでヌルヌル動く
  • 60fps:普通のモニターで快適に遊べる
  • ここが限界
  • 50fps以下:カクカクしてまともに遊べない場合も。FPSやRTS、格ゲーなどのeスポーツ系ゲームはマトモに遊べない

CoD:BO4

CoD:BO4のfps

最高設定

152.14fps (151.13fps + 153.15fps)

中設定

170.50fps (163.28fps + 177.73fps)

最低設定

199.375fps (190.83fps + 207.92fps)

チームデスマッチを2戦した平均

チームデスマッチを各設定で2回ずつ遊び、その平均を出しています。

マップによってfpsの差異が激しいのでこの方式を取っています。

最高設定でも平均150fpsを超えています。ゲーミングモニター+高画質というのもRTX 2070なら可能です。コスパ王者だったGTX 1070 Tiでも厳しかったのを、RTX 2070は叶えてくれました

PUBG

PUBGのfps

ウルトラ

167.28fps

186.98fps

非常に低い

190.48fps

トレーニングモードの外周を走る

PUBGも高設定で144fps超えです。

高画質でゲーミングモニターも余裕ですし、240Hzのゲーミングモニターもそこそこ活かせます。

フォートナイト

フォートナイトのfps

エピック

146.77fps

207.91fps

238.22fps

ロビーからダスティデポット着陸まで

フォートナイトはエピック設定で144fps超えです。ただしあくまでも平均なので、一時的に下回ることもあります。

設定を高~中ぐらいまで下げれば安定して高fpsが叩き出せるので、個人的にはそれぐらいの設定がおすすめです。画質もほとんど変わりません。

オーバーウォッチ

オーバーウォッチのfps

エピック

132.30fps

213.71fps

最低

299.75fps

トレーニングモード

オーバーウォッチはエピック設定だと144fpsを下回りました。エピック設定で144fpsを上回ったのは現状でRTX 2080とRTX 2080 Tiだけだったので、ここは仕方ないです。

ただし設定を高まで下げれば平均で200fps以上出ていますし、最低なら上限の300fpsで張り付いている状態でした。この価格帯のゲーミングPCということを考えると、十分すぎます。

画質もそこまで大きく変わらないので、高設定でこれだけ出てればOKです。

レインボーシックスシージ

レインボーシックスシージのfps

最高

270.8fps

297.8fps

最低

319.8fps

公式のベンチマークテスト

シージは最高設定でも200fpsを大きく超えています。

CS:GO

csgoのfps

高設定

283.71fps

低設定

285.57fps

DUST2 デスマッチ1戦

DUST2でデスマッチを2回遊びました。もともと軽いゲームなのでこの結果は想定済みでしたが、思ったよりも高設定でのフレームレートが伸びました。

黒い砂漠

黒い砂漠のfps

ウルトラ

43.24fps

リマスター

92.26fps

Very High

119.04fps

Middle

132.55fps

マップ内の決めたルートを周回

黒い砂漠のリマスター画質では平均60fpsを超えましたが、カクつくことがあってあまり安定はしていません。RTX 2070よりも高性能なグラボを使っても不安定だったので、仕方ないと思います。

Very Highで安定するので、高画質でプレイは十分に快適と言える範囲内です。

マインクラフト

マインクラフトのfps

32チャンク

35.49fps

16チャンク

103.65fps

8チャンク

203.07fps

KUDA SHADERS ベンチ用ルートを周回

マイクラも16チャンクぐらいまでなら安定して高fpsが出せています。

普段から32チャンクで遊ぶ人なんていないと思いますが、一応測っておきました。普通はスクリーンショットを撮るときだけ32チャンクにするという感じですよね。

モンスターハンターワールド

モンハンワールドのfps

最高設定

90.05fps

中設定

121.73fps

最低設定

134.66fps

マップ内を一周

モンハンワールドも最高設定で60fpsを超え、最低なら120fpsを超えました。

モンハンはPCゲームの中でもかなり重い部類ですが、ここまで快適に動かせるのは良いですね。

ガレリアXFの価格・詳細を見る

ガレリアXFは超高コスパ!ほとんどのゲームが高画質で遊べる

ガレリアXFを使った感想

僕自身RTX 2080 Tiを所持している身ですが、その性能は活かしきれていません。それもそのはずで、4Kなどの高解像度でゲームを遊ばないので、宝の持ち腐れ状態です。

RTX 2070を搭載したガレリアXFは、そんな僕が選ぶべきPCでした…。どのゲームも最高設定でおおむね満足に動かせていますし、少し厳しいゲームも中設定や高設定にすれば快適です。

4Kなどの高解像度には興味がなく、フルHDのゲーミングモニターを使うような普通のゲーマーFPSやRTS、MOBAなどのeスポーツゲームが上手くなりたいゲーマーにとっては最良の選択になると思います。

20万円を切る価格帯でこれだけの性能のPCが買えるのは本当に良い時代ですね。登場してすぐに人気1位になるのも納得の高コスパPCです。

ガレリアXFでやっておくべきカスタマイズ

そのままでも普通に使えますが、できればメモリを16GBまで増やしたほうが良いです。

配信や動画の編集などをする場合は8GBだとメモリ不足になる可能性があります。

また、最新のゲームはメモリを大量に使うことが多いので、新しいゲームもどんどん遊ぶなら、あらかじめ16GBまで増設しておいたほうが安心です。

ガレリアXFの評価まとめ

ガレリアXFの評価まとめ

ガレリアXFが登場して、すぐに人気1位になったのも納得です。

今まではコスパ重視で選ぶならGTX 1070 Tiでしたが、高画質だと厳しい場面が多々ありました。

RTX 2070の場合、一世代前のハイエンドグラボ「GTX 1080」とほぼ同じ性能を持っていますので、高画質でも十分に快適に動かすことができます。

ガレリアXFのメリット

  • フルHDでゲームを遊ぶ人にピッタリの性能
  • 高画質でゲーミングモニターも余裕でイケる
  • 20万円を切る価格でこの性能は驚き
  • 拡張性が高い
  • 黒いケースに映える赤のグラボがカッコイイ
  • CORSAIRの電源が標準搭載

ガレリアXFのデメリット

  • メモリが8GBしか搭載されていないため、16GBまで増やしたほうが良い

価格と性能のバランスがとても良いため、これは間違いなく一番におすすめできるPCです。

RTX 2070の前評判は聞いていましたが、想像以上でした。

僕が検証した各ゲームのグラボ別fpsを見ると分かりますが、どのゲームでもGTX 1080と同じかそれ以上に快適なので、ハイエンドなゲーミングPCが欲しい人もこれで満足できるはずです。

今までは価格を重視するなら性能を妥協しなければなりませんでしたが、ガレリアXFならその心配もありません。

高画質でゲームを遊びたい人はもちろん、高画質でゲーミングモニターを使いたい人にもおすすめです。

ガレリアXFの価格・詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。