初心者でも超カンタン!HDDとSSDの増設・交換のやり方

ゲーミングPCを購入したら、いつかはやりたいパーツの交換や増設。

この記事では、ハードディスク(HDD)とSSDを増設・交換する方法について解説しています。どちらもやり方は同じなので、これさえ覚えておけばどちらもカンペキです!

用意するもの

  • HDDもしくはSSD
  • SATAケーブル
  • ドライバー
  • 取付用のネジ
  • 変換マウンタ(SSDの場合)

データ保存用のHDDが容量いっぱいになってきたということと、使用年数が5年を超えてきたので、新しいHDDを導入することにしました。

SSDも手順はまったく同じなので、SSDを増設したい人もこのまま読み進めてください。

SATAケーブル

SATAケーブルは、HDDとマザーボードを繋ぐためのケーブルです。

USBケーブルのようなものです。SSDもHDDも、このケーブルでつなぎます。

SATAもUSBと同じように規格があって、SATA3.0やSATA2.0のように種類があります。現在主流なのはSATA3.0です。

SATA3.0はSATA2.0と互換性があるので、どれを買っていいか分からなかったらSATA3.0を選べばOKです。

SATAケーブルも買わないとダメなの?

SATAケーブルがない場合は購入しなければなりません。HDDやSSDに付属していることもありますが、ない場合の方が多いです。

また、SATAケーブルはマザーボードの付属品として入っています。BTOメーカーで購入した場合は余っていないと思うので、忘れずに購入しておきましょう。

取り付け用のネジ

これも忘れがちなので注意しましょう。実は今回僕もネジが無いことに気付かず、わざわざネジだけ買いにいきました…。

SSDやHDDの種類によってはネジが付属している場合もあります。特にSSDの場合は付属品が豊富ですが、HDDは付属されていないことの方が多いので、ネジを忘れないようにしましょう。

→HDD用ネジ一覧

マウンタ(SSDの場合)

SSDはHDDに比べてサイズが小さいため、HDD用の取り付けスペースに設置することができません。

なので、マウンタと呼ばれる器具を使って、SSDのサイズをHDDの大きさまで拡張する必要があります。

ちなみに、僕のPCケースもマウンタが必要ないタイプです。

このように、HDDやSSDを取り付ける用のトレイがあるので、ここにネジで取り付けます。

こういうタイプのケースもありますが、あまり多くはないですし、ドスパラなどのBTOショップで購入したPCの場合は、マウンタが必要になるケースが多いので、ちゃんと用意しておきましょう。

HDD/SSDの取り付け方

僕のメインPCに増設していきます。

HDDが取り付けられる場所は、ケースによって違います。

僕の場合は裏配線といって、ケーブル類を裏側でまとめるタイプなので、HDDやSSDも裏側に取り付けるようになっています。

写真を見ると分かると思いますが、すでに大量のストレージ類が取り付けられています…。

いくらなんでも多すぎだろ…。

上から2段目のSSDを使っていないので、ここをHDDと交換します。

トレイを外すと、このようにSSDが取り付けられているので、ネジを外します。

そして、買っておいたHDDに交換するだけです。

ケーブルを挿すのは写真の2箇所です。

左側に電源ケーブルを、右側にSATAケーブルを挿します。

ブスリ。

さらにSATAケーブルもブスリ。

これでHDD側でやることはもうありません。

SSDもコネクタの作りは同じで、電源ケーブルとSATAケーブルを挿すだけです。とってもカンタン!!

マザーボード側でやること

HDDやSSDに繋いだSATAケーブルの反対側はマザーボードに挿します。

SATAケーブルの差込口のことをSATAポートと言うのですが、SATAポートの数や場所はマザーボードによって違います。

例えば僕の使っているH270-proの場合は、右側に2つ、右下に4つの計6箇所のSATAポートがあります。

ここの空いているところにケーブルを取り付けます。

そのままケーブルを挿すことができれば一番ラクなのですが、ケースやマザーボード、グラフィックボードの種類によっては、グラフィックボードを1度外さないとSATAポートが見えないことがあります。

僕の場合はまさにこれで、グラフィックボードが邪魔をしてSATAポートを確認することができません。

なので、1度グラフィックボードを取り外してSATAケーブルを接続します。

僕の場合はHDDとSSDを繋ぎすぎてるので、SATAポートが一箇所しか空いてませんでした。みなさんならそんなことはないと思うので、空いているところに接続しましょう。

一応気をつけるべきところがあって、OSが入っているSSDやHDDよりも、数字が後ろの場所に繋がないといけません。

マザーボードのSATAポートの横に小さく、SATA1,SATA2のように書いてあります。通常、OSが入っているHDDをSATA1に繋ぎます。

数字が若い方から起動していくから、OSが入ったドライブが後ろになっちゃうと、パソコンが正常に立ち上がらなくなっちゃうんだ。
覚えておこう…。

HDDをまるごとぜんぶ交換したり、OSを新しくインストールするような場合は、SATAポートの番号にも気を付けましょう。そうでない限りは、特に気にしなくても大丈夫です。

これでHDDとSSDの接続は終わりです。

ふ~。やっと終わった。…ってあれ?接続したはずのSSDが認識されてないよ!もしかして初期不良?

 

落ち着いて。最初は焦るけど、実はこれであってるんだ。次に、接続したディスクをフォーマットするよ。

フォーマットしないと、SSDやHDDはパソコンに認識されないんだ。

そうだったのか…よかった。

HDD・SSDをフォーマットする手順

デスクトップの左下にあるスタートボタン(Windowsマーク)を右クリックし、ディスクの管理を選択します。

ディスクの初期化が出てきた場合

ディスクの管理を開いてすぐにこの画面(ディスクの初期化)が出てきた場合は、次の項目を飛ばして、「ディスクの初期化」まで進んでください。

ディスクの初期化が出てこなかった場合

ディスクの初期化画面が出てこず、上記のような画面になったら、フォーマットするディスクを探します。

とはいってもすぐに見つかるので安心してください。

この画面の下部にある、ディスク0やディスク1と書かれているところをスクロールしていきます。

すると、ディスク5のように、「初期化されていません」「不明」「未割り当て」と書かれているものが見つかるはずです。これが今回新しく追加したHDDです。

そのディスクの上で右クリックし、ディスクの初期化を選択します。

続いて、ディスクの初期化に進みます。

ディスクの初期化

ディスクの初期化ウィンドウが出てきたら、パーティションスタイルを選択します。

OSが32bitならMBRを、64bitならGPTを選択すると覚えておけばOKです。

現在は64bitOSが当たり前になっているので、ゲーミングPCを使っている人ならほとんどがGPTを選択することになると思います。

ディスクがオンラインになれば初期化が完了です。

ただし、まだこれではHDDは使えません。次に、ディスクの割り当てを行います。これも数十秒で終わります。

ボリュームを割り当てる

未割り当てと書かれている部分を右クリックし、新しいシンプルボリュームをクリックします。

新しいシンプルボリュームウィザードが開かれるので、次へをクリック。

ボリュームサイズを指定します。

シンプルボリュームサイズはそのままでOKです。

もし、パーティションを作成する場合は、ここの数値を変更します。パーティション分割に関しては別ページで解説します。

続いて、ドライブ文字の割り当てです。文字は自分の好きなもので構いません。

ローカルディスク(C:)とか、(D:)とか書かれてるところの文字を決めるんだ。特に深い意味はないから適当で構わないよ。

僕はいつも適当です。今回はZにしてみました。

それ以外の項目は触らないでください。そのまま次へを選択。

パーティションのフォーマットを設定します。

「クイックフォーマットする」にはチェックを入れましょう。

フォーマットする際にHDDの中身をチェックするのですが、クイックフォーマット以外だと時間がかかります。

数時間~数十時間かかることもあるから、通常はクイックフォーマットで大丈夫だよ。

ボリュームラベルは、ドライバに表示される名前です。例えばローカルディスク(C:)の、ローカルディスクの部分の名前を決めることができます。

あとからでも変更できるので、そのままでも構いません。僕はデータ保存用として使うので、そのままデータ保存用という名前にしました。

新しいシンプルボリュームウィザードの完了が表示されれば終わりです。

PCを確認してみると、しっかりデータ保存用(Z:)が表示されています。

『空き容量が931GBって少なくない!?減っているのでは!?』と思うかもしれませんが、これはデータ表記上そうなっているもの、と捉えておいて下さい。実際にはしっかり1TBあります。

ややこしいですが、製品上は1MBを1000KBとして計算しますがOSは2進法ですの1,048,576バイトとして計算されますので
フォーマット後にOSに表示される容量は、計算方法が異なるために若干減少しているようにみえます。
931GB×1024×1048576=999,653,638,144ですのでほぼ1TBあります。

1TBって931GB? . . – yahoo!知恵袋

これで全行程が終了です。お疲れ様でした。

はじめてだと色々戸惑うかもしれませんが、1度やってしまえば慣れます。

僕も最初の頃はHDDを繋いだだけで認識されるものだと思っており、めちゃくちゃ焦ったのを覚えています。

HDDやSSDは初心者でも取り付けやすいパーツのひとつなので、PC初心者の人も、ぜひ挑戦してみてくださいね。

4 Comments

たく

はじめまして
とても分かりやすい解説で助かっています
HDDの増設について、質問させていただきます。
・今までのPCが壊れて、ガレリアDTを購入したのですが、バックアップ等何もしてなかったので、前のPCに付いてたHDDをガレリアDTに移植しようと思っています。
・その際もHDDの初期化が必要になるのでしょうか?
・初期化が必要な場合、今までのデータは消えてしまいますか?
・SATAケーブルは前のPCに付いてたケーブルが使えればそのまま使う予定ですが、電源ケーブルは、新しいPCの中に余っている電源コネクターを適当に使えばいいのですか?
宜しくお願いします

返信する
すおう

たくさん、コメントありがとうございます!

>とても分かりやすい解説で助かっています
そう言っていただけるととても嬉しいです。質問についてひとつずつ回答させていただきますね。

>その際もHDDの初期化が必要になるのでしょうか?
初期化は必要ありません。そのまま接続すれば普通のHDDとして認識され、以前のデータがそのまま入っています。
古いHDDに入ったソフト類もそのまま立ち上げられますが、場合によっては正常に起動できないモノもあるので、そういう場合は新しいHDDやSSDに再度インストールする必要があります。

>SATAケーブルは前のPCに付いてたケーブルが使えればそのまま使う予定ですが…
そうです!余っているコネクタを使って接続すればOKです。

以上になります。分からないことがあったら、また質問していただければ分かる範囲で回答させていただきます。

返信する
匿名

早速の回答ありがとうございます。
1日に新PCが届くのでHDDを取付けてから起動してみようと思っています。
前のPCはwindows7で、1つのHDDで全部の保存をしていたのですが、買ったばかりのPCに、そうゆうHDDを取付けて大丈夫なのかな?とちょっと心配してました^^;
頑張ってやってみます!

返信する

たく にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。