おすすめのPCチェアの選び方!PCチェアはネットで買うな!【本気】

PCチェアの選び方

PCの前で座ってると30分も経たないうちにお尻が痛くなってくる…。昔の僕です。10分も座っていられず、クッションを置いても痛くて痛くて…ということで高級なPCチェアを買い、大満足しました。

僕がPC周り(デスク環境)で特に力を入れているのがPCチェアです。PC作業やオンラインゲームばかりするPCゲーマーにとって、PCチェアはパソコン本体並の相棒だと思っています。

人生の三分の一は睡眠だから、枕とベッドは良いものを買ったほうが良い。といいますが、それはイスも同じ。むしろ、枕やベッド以上に重要視しています。

本記事では、PCチェアの選び方と忘れがちなポイントをまとめて紹介します。

いきなりAmazonで買うな!

まずありがちなのが、「PCチェア おすすめ」や「デスクチェア Amazon」のような検索をして、ランキングが高いものを購入するというパターン。

これはマジでやめたほうがいいです。

え~、なんでよ。みんなが良いって言ってんだからいいじゃんか。
ハイ君腰痛確定~~~★☆
…。

PCチェアは、靴や洋服、それこそ枕やベッドと同じで、フィット感やサイズ感、触り心地の好みが全然違います。

みんなが良いって言ったものでも、『3000円のイスの方がマシなんだけど…。』ってなることもあります。(※マジでありました。)

座ってみるとネットの口コミとか評価と全然違う

僕が使っているのはバロンチェアというモノなんですが、これはもともと第一候補ではなく、アーロンチェアがほしくて試座しに行きました。

そして実際に座ってみると、『なんか違うぞ?』と。『みんなが絶賛してたのってコレ…?』という感じで、拍子抜けしてしまいました。

悪くはないんだけど、なんか決め手に欠けるというか、これだ!って感じがしなかったんだよね。

もし口コミだけで決めてたいたら…。それなりに満足はしたんでしょうけど、何かしらの違和感を覚えながら使っていたはずです。

なので、PCチェアを購入する時は価格に関係なく、絶対に座りに行ってください。

おすすめのPCチェア50選!みたいなのから選んじゃダメですよ。
あれって本当に座ってランキングにしてるのかね?…家にめっちゃイスありそう。

試座するときに見ておくと良いポイント

注目!

  • 座り心地・触り心地(当たり前)
  • 腰をぴったりつけたり、少しだらっとしてみる
  • 傾きの角度「リクライニングとロッキング」
  • あぐらがかけるかどうか(割と重要)

座り心地・触り心地

座ったときの感触で大きく違うのは、ちょっと硬さを感じるか、それともふわっと柔らかいかです。これはPCチェア選びの大前提です。

  メリット デメリット
メッシュタイプ 通気性が良い 価格が高い
おしりや腰が痛くならない 掃除の手間がある
座面が潰れない  
ソファタイプ 安い ヘタるのが早く、消耗が激しい
ゆったりリラックスできる
高反発クッションタイプ
(ゲーミングチェアに多い)
ヘタりにくい とくになし
おしりや腰が痛くならない

メッシュタイプ

メッシュタイプは高級なチェアに多く、座面がメッシュになっていて、ハンモックのようにお尻が浮く形になります。

メッシュタイプは耐久性がある

座面からうっすらとチェアの足が見えています。

普通のイスとは違い、板の上におしりをのせないので、腰痛やお尻の痛みが激減します。もともと座っていたPCチェアがひどすぎたというのもありますが…。

腰痛の原因は座り方によるものもありますが、僕の場合は座面がメッシュになった影響が大きすぎました。

座り心地が良すぎて寝てしまうこともあります。

割と頻繁に寝落ちしちゃう。

メッシュチェアはホコリが絡まりやすい

ただ、メッシュにホコリが絡まってしまうのはデメリットです。

掃除機で吸っても取れないので、頑張ってむしり取ってます。

ソファタイプ

いわゆる「社長イス」みたいなやつです。PCチェアというと最初はこれに憧れるものです。

安くて見た目が豪華なので、割と人気ですが、安物だと中のクッションがすぐに潰れてしまい、腰痛とお尻の痛みが襲いかかってきます。僕が使ったPCチェア史上最悪でした。

最初はふわふわしていて包まれる感覚があるのは良いところです。これがずっと続いてくれると嬉しいのですが、すぐにへたってしまうので、おすすめとは言えないですね…。

高反発タイプ(ゲーミングチェア)

ゲーミングチェアに多い高反発タイプです。ゲーミングチェアが出てから爆発的に人気になり、今やみんなこれを使っている…という感じ。

高反発の良さは、柔らかタイプのデメリットだった「座面が潰れやすい」のをカバーできている点です。包まれている感じはありませんが、しっかり座れてお尻は痛くならないので、人気です。

メッシュタイプも人気でしたが、高額なので、ちょうど中間に位置する高反発タイプのゲーミングチェアが人気です。

ロッキングとリクライニング

意外と見落としがちなのが、リラックスをした状態での座り心地です。

自分の座り方をしっかり試す

試座するときはついついピシっと背筋を伸ばして座ってしまいますが、家でリラックスすると、意外とダラ~っとします。

その状態を維持していても快適か、少し崩した状態で座っても違和感はないかを見ておくのも重要です

また、チェアの背もたれを傾かせる種類には、リクライニングとロッキングがあります。買おうとしているチェアがどういうタイプの傾きになるのかも見ておきましょう。

リクライニング

リクライニングは車のシートのように、スーッと傾きを変えるタイプと、や座椅子の『カチッカチッ』と段階的に傾きを変えるタイプがあります。

個人的にはリクライニングの方が好みですが、次に紹介するロッキングチェアの方が種類が多いです。

ロッキング

背もたれが自由な角度にゆらゆら揺れるのがロッキングです。

ロックを外して寄りかかると、そのまま背もたれが倒れていきます。

ロッキングの強弱を変えるダイヤルがついているものもあり、強くもたれかかったときだけ倒すような設定にすることもできます。

また、ロッキングにも種類があります。

ロッキングの種類

ロッキングの種類によって座りやすさが全然違います。ここも必ずチェックしておいたほうが良いです。

個人的に好きなのは背中だけロッキングするタイプと、シンクロロッキングです。どのタイプも使ったことがありますが、座面も一緒に傾くタイプはPC前だと少し使いづらかったです。

微妙に分かりにくくて申し訳ないのですが、これがシンクロロッキングです。背もたれの傾きに連動して、少しだけ座面が動きます。

PCチェアの上であぐらがかけるか?←割と重要

PCチェアの上であぐらがかけるか?

これ、バロンチェアが家に届いたその日のうちに気付いて『めっちゃ重要じゃん~!』ってなったことなんですが、座ってるときって意外と体勢を変えてます。

あぐらになったり体育座りしたり、時には正座したり。

聞くところによると、人は同じ体勢ではずっと座れないらしく、時間の経過で徐々にだらけたり、寝っ転がったりするそうです。

長時間同じ体勢だと腰にも良くないですし、病気にもなりやすいとかも言われてたりするので、同じ体勢を強制されるような椅子ではなく、少し余裕が出るぐらいが良いと思います。

背筋を伸ばして綺麗な体勢で無理なく座れるのが一番ですが、多少ゆとりがあったほうが使いやすいよ!

メッシュタイプか布タイプかレザータイプか

もうひとつ重視してほしいのがチェアに使われている素材です。素材によってチェアの耐久度は全然違っていて、使いやすさや座り心地にも影響します。

メッシュタイプ

先述しましたが、僕が使っている一番オススメのタイプです。座り心地、耐久性ともにGOODですが、良いものは高いです。

座面がメッシュで浮いているタイプのチェアは基本高価です。背中のみメッシュになっているものは安いですが、座面がクッションなので、時間と共にぺちゃんこになってしまいます。

布のタイプ

表面が布地になっているタイプです。表面がザラザラしている、よくあるタイプです。(車のシートなど)

毛玉ができやすいです。

合皮タイプ

個人的には最悪だと思っているタイプです。高級感があって良く思えるのですが、劣化が早いです。

最初は肌と直接密着している膝裏の部分がボロボロになって表面だけ剥がれていき、そこから徐々に広がっていきます。

ボロボロになった合皮はズボンに張り付いたり、床にポロポロ落ちていくので色んなところが汚れます。見た目も悪いです。

ゲーミングチェアにも使われていることがありますが、合皮はおすすめしません。布地になっているタイプにしたほうが良いです。

本革

これもメッシュと同じく高価です。本物の革なので耐久性もありますし、合皮のようにボロボロになりません。

一番のおすすめはメッシュだけど、コスパで選ぶなら布地

どのチェアも一通り座ったことがありますが、やはり一番おすすめはメッシュチェアです。

ただしかなり高価で、ゲーミングチェアが何脚も購入できてしまうほどです。

なので、価格も考慮場合は、布地になっていて座面がそこそこ高反発なPCチェア(ゲーミングチェア)が高コスパです。僕も実際に座ったことがありますが、『これならアリかも』と思えました。

バロンチェアを持ってたから買わなかったけど、人気の理由がわかる座り心地だったよ。

逆に絶対にやめたほうが良いのは合皮が使われているPCチェアです。安くて見た目が良かったので何度か購入しましたが、間違いなくボロボロになります。

特に湿気が多い時期だと、表面の合皮とチェア本体の間が水分で浮いてきて剥がれ、座るときに擦れて一瞬でボロボロになります。梅雨の時期は地獄でした。

本当に良いものは何年ももつ

PCチェアは、PCを使う人にとって相棒です。ここをケチると腰痛を始めとする様々な症状に悩まされますし、快適なPCライフが送れなくなるので、ある程度の予算はつぎ込むべきです。

そして、本当に良いものは耐久性もあって何年も使えます。結果的に高コスパです。安いのを我慢して使い続けるのは本当におすすめしません。

とにかく座れ、触れ、座りまくれ。

PCチェアは、PCのスペックのように、目で見て判断することができません。

なので、「PCチェア おすすめ」や「デスクチェア」と検索して出てきたものを買ってしまうと、後悔する可能性が非常に高いです。

本記事では僕がメッシュタイプを推してますが、これはあくまでも僕の体に合っているというだけの、僕の感想です。

もしかしたらこの記事を読んでいるあなたには合わないかもしれませんし、僕が拒否し続けている合皮タイプが一番良いと思えるかもしれません。

こればっかりは実際に座ってみないとわからないので、試座を強くおすすめします。

Amazonで評価が高いモノも、ある一人にとっては最低評価ってこともあります。背もたれの微妙な角度や硬さもありますし、とにかく自分の目で見て、実際に座ってみて決めましょう。

僕が座ってみて良かったと思うものを一応紹介しておきますが、必ず座ってください!

ルームワークス(Roomworks)
¥29,800 (2019/02/22 01:02:24時点 Amazon調べ-詳細)

人気のゲーミングチェアです。素材は合皮タイプと布地タイプがありますが、布地タイプ推しです。

僕が使っているチェアです。

バロンチェアにするか最後の最後まで迷ったエルゴヒューマンプロ。こっちのほうがより包み込んでくれるような感じ。

もう一脚購入するとしたら、おそらく次はエルゴヒューマンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。